食事

妊活中の食事は子宮と卵巣を冷やす糖質に注意

食事

妊活中の女性は体を冷やさないようにすると良いと言われています。

体の冷えを防ぐために効果的な食事は、適度な糖質制限です。

糖質は体を冷やすので妊活中には摂りすぎに注意です。

 

しかし糖質を制限することによって、血の巡りが良くなり、卵巣や子宮の働きが良くなります。

その結果妊娠しやすい身体になるのです。

 

加齢によって女性の身体は冷えやすくなるので、糖質制限で身体を内から温めることは妊活に役立つでしょう。

女性は甘いものが好きな方が多いですが、ジュースやお菓子に含まれる白砂糖は体を冷やす食べ物です

妊活中の食事では体を冷やさないために、白砂糖を使った食品は控えたほうが良いでしょう。

 

また洋菓子、和菓子問わずお菓子にはたくさんの白砂糖が含まれているため、妊活中はお菓子を控えてみてください。

また菓子パンも要注意な食べ物です。

菓子パンはほとんど小麦粉で出来ているので、糖質をたっぷり含んでいます。

 

その糖質に加えて白砂糖の甘い味付けで、より多くの糖質を摂取することになるのです。

小麦自体も体を冷やす食べ物なので、パンやパスタなどの小麦を使った食品の摂りすぎには気を付けて下さい。

 

なお、甘いもののなかでもアイスクリームは特に要注意な食べ物です。

アイスクリームはそのものが冷たいので、身体を冷やします。

お腹が冷えて、子宮や卵巣の血行が悪くなってしまうのです。

 

そして白砂糖をたくさん含むのでより身体が冷えてしまいます。

子宮や卵巣は冷えると働きが鈍るので、アイスクリームをたくさん食べると妊娠しづらい体質になってしまうのです。

 

甘いものが食べたいときは白湯を飲んで、身体を温めるように心がけましょう。

白湯は空腹感が紛れるので、甘いものの代わりにお腹を満たしてくれます。

 

また白湯は体温を上げてくれるので、血の巡りが良くなって子宮や卵巣の血行も促進してくれます。

糖質制限で身体を冷やす原因を減らして、妊娠しやすい体質を目指しましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です